So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

「被害者が写っているので…」モニター暗転、廷内は5分間の沈黙(産経新聞)

【秋葉原17人殺傷 初公判】(8完)

 《法廷では加藤智大被告(27)に背中を刺され、全治2カ月間の重傷を負ったKさんが倒れていた現場について、検察官が写真を交えながら説明している》

  [図解] 秋葉原の現場見取り図と犠牲者

 検察官「Kさんが倒れていた場所を東から西に向けて撮影した写真を示します」

 《続けて同じ場所を逆方向から撮影した写真も大型モニターに映し出される。Kさんが倒れていた路地の中央部分には画像処理で赤い丸印が付けられている》

 検察官「倒れていた場所を近くから撮影した写真を示します」

 《道路には被害者の生々しい血痕が付いており、事件当時の凄惨(せいさん)な様子が思い起こされる》

 検察官「続いてトラックの検証調書を示します」

 《検察官は加藤被告が事件で使ったトラックの製造元、車種、ナンバーなどを説明。そして写真による車体の損傷状況の説明に移った。助手席側のフロントガラスはクモの巣状に割れ、ウインカーも外れて車体から垂れ下がっているなど、事件時の衝撃の強さを物語っている》

 検察官「トラックの内部の写真を示します。補助席にはリュックサックが置いてありました」

 《続けて加藤被告のリュックサックの中に入っていた緑色のポリ袋と携帯電話を、机の上に並べて撮影した写真が映し出される。さらにポリ袋の中身の写真も示された》

 検察官「緑色のポリ袋には特殊警棒、ナイフ、ユーティリティーナイフが入っていました。ナイフはいずれもケースに収納されていました」

 「これから示す写真については、写真内容をこちらが説明した部分を弁護側が不同意としたため、写真のみとします。写真は52枚で6秒間隔で示します。なお、被害者の写真も含まれているため、大型モニターには映しません」

 《傍聴席から見える大型モニターの電源が落とされた。裁判官、検察官、弁護人のそれぞれの席に設置された小型モニターには写真が映し出されているようだ。法廷は5分余り、水を打ったような静けさに包まれた。加藤被告は後ろに座っている弁護人と一度何かのやり取りをした以外、ほとんど身動きしない》

 《約5分後、検察官が「以上です」と告げると、村山浩昭裁判長は「本日分の要旨の告知はここまでです」と述べた。加藤被告に次回の公判期日などを告げると、加藤被告は消え入りそうな小さな声で「はい」と答え、村山裁判長は閉廷を告げた》

 《次回の公判期日は2月1日午後1時半から、この日の初公判と同じ東京地裁104号法廷で開かれる。書証の証拠調べや目撃者の証人尋問が行われる予定だ》  =完

【関連:秋葉原連続殺傷事件】
(7)大量血痕の現場写真、被告はまばたき繰り返し…
(5)「失礼しました」被害者多く順番を間違える検察官
(3)「歩行者天国に突っ込んで多くの人を」計画は恐怖で3度躊躇
(2)メル友女性に顔写真送ると返信途絶え… 検察官「容姿に強いコンプレックス」と指摘
(1)「おわびをさせてください」加藤被告、背筋を伸ばして謝罪

日航株、一時1円(時事通信)
明石歩道橋事故で元副署長起訴へ…検察審が議決(読売新聞)
東京地検特捜部と小沢氏側、水面下の攻防(読売新聞)
東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡(産経新聞)
笹川良一氏の孫名乗り5千万円詐欺容疑(読売新聞)

ティンカーベルに警告=子供服の原材料など誤表示−消費者庁(時事通信)

 ポリエステル製ジャンパーを綿製とするなど、原材料や原産国を誤って表示していたとして、消費者庁は21日、景品表示法違反(優良誤認など)で、中堅子供服メーカー「ティンカーベル」(東京都港区)に警告した。
 同庁によると、同社は2007〜09年、女児用スーツやジャンパーなど6商品のタグや下げ札に、「ポリエステル100%」とすべきところを「綿100%」、「タイ製」を「中国製」と表示するなどした。デパートや直営店で販売された商品は計約600点(370万円余)。タグなどを発注した際の入力ミスが原因という。 

【関連ニュース
ホットラインやっと全国稼働=共通番号で相談受け付け
子どもの不慮の事故防げ=消費者庁がプロジェクト立ち上げ
並行輸入品にも対応へ=英ベビーカー事故で製造会社
ホットライン、1月から全国で=見通し甘く、大幅遅れ
カシミヤ使用と誤表示=三陽商会に措置命令

節分 本番間もなく 福升作り 三重・二見興玉神社(毎日新聞)
<名護市長選>市民の意思伝えたい…当選の稲嶺氏(毎日新聞)
小池広報本部長、自民党の新ポスターを自ら監修(スポーツ報知)
<上野動物園>逃げたサル捕獲 6時間後飲食店の地下階段で(毎日新聞)
水俣病、東京でも提訴へ=国など相手に2月にも−患者団体(時事通信)

「犠牲者の分、精いっぱい生きる」=「1・17のつどい」に8000人(時事通信)

 阪神大震災から15年となった17日、神戸市中央区の東遊園地には、夜明け前から遺族や被災者ら多くの市民が訪れ、それぞれに家族や友人らの冥福を祈った。
 市民団体など主催の「阪神淡路大震災1・17のつどい」。午前7時には約8000人(市発表)が集まり祈りをささげた。幼児を連れた母親。車いすの高齢者。ある者は手を合わせ、ある者はろうそくの火を見詰めた。
 参加者は「1・17」の数字をかたどった竹灯籠(とうろう)に火をともし、地震発生時刻の午前5時46分に全員で黙とう。遺族代表下浦裕美さん(49)が「感謝の気持ちを忘れず生きていくことが亡くなった方々への供養になると信じている」と話し、参列者らが白菊を献花した。
 神戸市灘区の田中美栄子さん(68)は大学3年だった三女舞さん=当時(21)=を亡くした。夜が明け始めた空を見上げ、「この時間帯、私はがれきに埋まっていた」。
 全壊した自宅から助け出され、近所の人を呼び集め舞さんを救出した。息をしておらず、唇は真っ青だった。付きっきりで見守ったが、「これ以上は無理です」と医師に告げられた。「最期の姿を思い出すと残念でならない。家族みんなが元気に生活することが娘への供養」と涙を流した。
 幼なじみの親友3人を一度に亡くした神戸市須磨区の男性会社員(28)。竹灯籠の前でうずくまり涙を流した。震える手に握り締めていたのは、全壊した自宅から見つかった目覚まし時計。針は「5時46分」で止まっている。「きのうの出来事のよう。悔しいが、どんなにつらいことがあっても友達の分も精いっぱい生きようと思う」と唇をかんだ。 

【関連ニュース
【特集】写真で振り返る阪神大震災
「風化せぬよう子供に伝えたい」=祖母亡くした遺族代表の下浦さん
ハイチ支援で連携=日アルゼンチン外相
宇宙から被災地にエール=野口さん、阪神大震災15年前に
孤独死、昨年は62人=阪神大震災の復興住宅

【産経・FNN世論調査】自民は回復の糸口つかめず(産経新聞)
壬生狂言 絹ちりめん製の大幕を公開(産経新聞)
<元オウム幹部>新実被告の死刑確定へ 最高裁が上告棄却(毎日新聞)
欠けた夕日 町を染める 西日本で部分日食(西日本新聞)
年中楽しめるサクラ開発=開花に冬の寒さ要らず−加速器で品種改良・理研など(時事通信)

<人事>法務省(18日)(毎日新聞)

 法務省(18日)高松地検検事正(長野地検検事正)西村逸夫▽長野地検同(佐賀地検検事正)総山哲▽佐賀地検同(東京高検刑事部長)渡辺徳昭▽さいたま地検同(公安調査庁次長)久保田明広▽釧路地検同(大阪高検刑事部長)斉藤雄彦▽前橋地検同(函館地検検事正)中屋利洋▽函館地検同(最高検検事)八幡雄治▽新潟地検同(旭川地検検事正)金田茂▽旭川地検同(最高検検事)中井国緒▽神戸地検同(福岡高検次席検事)庄地保▽長崎地検同(最高検検事)室井和弘▽奈良地検同(東京高検公安部長)窪田守雄▽山形地検同(最高検検事)柏村隆幸▽高知地検同(福岡地検小倉支部長)加藤敏員

 最高検公安部長(さいたま地検検事正)勝丸充啓▽最高検検事(高松地検検事正)松田章▽同(静岡地検沼津支部長)南野聡▽同(東京地検立川支部長)鳥本喜章▽同(山形地検検事正)渋佐慎吾▽同(名古屋地検次席検事)飯倉立也▽同(東京高検検事兼東京地検検事)青沼隆之▽福岡高検次席検事(長崎地検検事正)岩橋義明▽仙台高検次席検事(釧路地検検事正)保倉裕▽東京高検総務部長(水戸地検次席検事)山下輝年▽同刑事部長(東京地検刑事部長)水野谷幸夫▽同公安部長(法務総合研究所研修第1部長)下川徳純

 大阪高検刑事部長(大阪地検公判部長)榊原一夫▽名古屋地検次席検事(名古屋高検刑事部長)玉岡尚志▽静岡地検沼津支部長(東京高検総務部長)渡辺登▽公安調査庁次長(仙台高検次席検事)寺脇一峰

 退職(新潟地検検事正)内尾武博、(前橋地検同)荒木俊夫、(神戸地検同)吉川興治、(奈良地検同)丸山恭、(高知地検同)岡崎正男

橋下知事 支持率70% 毎日新聞調査(毎日新聞)
海堂氏に賠償命令 「バチスタ」作者 死因診断で名誉棄損(産経新聞)
フジTV「銀座めざマルシェ」内覧会 全国の物産品2万点販売へ(産経新聞)
海堂氏に名誉棄損で賠償命令(医療介護CBニュース)
ハイチ地震への支援検討=官房長官(時事通信)

参政権法案に閣僚から慎重論相次ぐ(産経新聞)

 政府・民主党が通常国会への提出を検討している永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について15日、閣僚から慎重意見が相次いだ。仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は「今の時期に(法案提出を)行うことがいいのか、じっくり考えなければいけない」と述べた。

 以前から法案に批判的な亀井静香郵政改革・金融相も「参政権は憲法上の国民固有の権利と規定されている。これとの関係を慎重に考えていくのが当然だ。外国籍で参政権を持ちたいなら帰化すればいい」と指摘した。

 また、小沢一郎民主党幹事長が政府提出法案とする考えを示したことには千葉景子法相が「議員立法が一番適切だ」、原口一博総務相が「国会での議論が基本だ」と反対した。これに対して、平野博文官房長官は「政府で出すことを前提に詰めていく」との方針を重ねて表明した。

【関連記事】
千葉法相が参政権で「議員立法が適切」
亀井氏、参政権法案は慎重に 「まず党内議論から」
小沢幹事長宅前に火炎瓶男 公務執行妨害で現行犯逮捕
参政権法案提出、3月下旬以降に 民主・山岡氏
原口総務相「意思に反し連れてこられた人に参政権、大事なこと」

日米両政府、同盟協議めぐり14日に事務レベル会合 (産経新聞)
「子ども手当」どう使う? 関西ママは節約志向(産経新聞)
別府のアパートで火災、住宅など10棟以上焼く(読売新聞)
2団体「対外的には独立」=西松元総務部長の証言続く−小沢氏秘書第2回公判・東京(時事通信)
<人事>最高裁(15日)(毎日新聞)

ドコモ携帯で通信障害=東京、神奈川、埼玉で(時事通信)

課税停止、160円程度で調整=ガソリン税の特別税率−政府税調(時事通信)

 政府税制調査会は15日、ガソリン税(揮発油税など)の暫定税率に代わって創設する同規模の特別税率に関し、ガソリン高騰時に課税を停止する目安となる「発動基準価格」を、ガソリン1リットル当たり160円程度とする方向で調整に入った。課税を復元する「解除基準価格」は同130円程度とする方向だ。
 また、課税停止や復元を見極める期間は3〜4カ月を軸に調整している。この間ガソリン価格が160円を上回る水準で推移すれば、1リットル当たり53.8円のガソリン税のうち特別税率分(25.1円)が引き下げられ、その後ガソリン価格が130円を継続的に下回れば再び同額が課税されることになる。
 18日の税調全体会合で詰めの調整を行い、2月上旬にも通常国会に提出する税制改正関連法案に盛り込む方針だ。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

カラオケ代払わず逃げる 容疑の暴力団員逮捕 埼玉・行田(産経新聞)
無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」−札幌地裁(時事通信)
「裏献金」小沢氏に帰属か=通帳出金に「先生」メモ−事務所側が記載・東京地検(時事通信)
川崎と柏で火災 独居80代焼死か(産経新聞)
組織トップに2年で3千万円配当 ライブリーねずみ講事件(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。